オーガニックシャンプーで頭皮ケアをして美髪を目指そう

オーガニックシャンプーが注目を集めています。頭皮トラブルを解消したり、髪の毛を健やかに保つ為のヘアケアができることが人気の理由です。オーガニックシャンプーを使って、頭皮環境を根本から改善していきましょう。また、正しい頭皮ケアの情報もご紹介しています。

オーガニックシャンプーで頭皮ケアをして美髪を目指そう

f:id:ren-ai-partner:20170423120509j:plain

 

男女ともに美髪に対しての関心が高まっていますが、

果たして何人の人が正しい頭皮ケアをしているので

しょうか。

 

オーガニックシャンプーを使って、頭皮環境を

根本から改善していきましょう。

 

 

 

目次

 

頭皮に必要な成分とは?

 

私たちの頭皮は、日々体内に取り込まれた栄養素を

吸収して髪の毛の生成を行なっています。

 

中でも、必ず摂取しておきたいのがタンパク質や

ミネラル、ビタミンB群です。

 

タンパク質は、髪の毛をつくる為に必要不可欠な

成分です。

 

ミネラルは、体内に入ってきた栄養素を各細胞に

行き渡りやすくする為、髪の毛の成長促進に役立ち

ます。

 

そして、ビタミンB群は細胞そのものの成長を

助けます。

 

万が一、ビタミンB群を摂取し過ぎてしまっても

何ら害はないです。

 

このように、私たちの頭皮環境を良くすることに

よって、生えてくる髪の毛が良質な状態で生成

されます。

 

頭皮に必要な成分をバランス良く摂取し、

本当の意味でのヘアケアを目指しましょう。

 

オーガニックシャンプーに含まれる有効成分

 

頭皮の炎症の主な原因として、洗浄力の強さによる

乾燥が挙げられます。

 

市販のシャンプーに含まれる洗浄成分は、

高級アルコール系や石油系で非常に強力な洗浄成分が

多いのです。

 

その為、頭皮に必要な皮脂までをも洗い流してしまい、

結果として乾燥トラブルを招きます。

 

これらの炎症を避けるのに有効なのが、

オーガニックシャンプーに入っているアミノ酸成分や

ホホバエキスです。

 

アミノ酸系の洗浄成分は、頭皮の乾燥を防ぐ保湿効果

の高い成分の一つです。

 

また、ホホバエキスも同様に、頭皮だけではなく

髪の毛を乾燥から守ってくれます。

 

双方の成分を含むオーガニックシャンプーを使用する

ことで、有効成分が頭皮に浸透し、本来のヘアケアが

実現するわけです。

 

正しい頭皮ケアの方法

 

よく頭皮の悪臭が防ぐ為といって、必要以上に

ゴシゴシと強くシャンプーしてしまう人がいますが、

これは逆効果です。

 

頭皮は皆さんが思っている以上に、強く洗わなくても

しっかりと汚れを落とせるものです。

 

頭皮を洗う前に、ゆっくりと丁寧に上から下まで

ブラッシングをします。

 

少し刺激を受けた状態の頭皮を、指の腹でくるくると

マッサージしながらぬるま湯ですすいでいきます。

 

多くても2、3プッシュくらいの

オーガニックシャンプーを手に取り、地肌から順番に

洗っていきます。

 

この時も、爪を立てたりしないように注意しましょう。

 

過度な刺激は、頭皮を傷つけてしまいます。

 

洗い終わったら、同じくぬるま湯で時間を

かけてすすいでいきましょう。

 

このように、特別強い力を使わなくてもすすぎ残しに

注意しながら頭皮ケアをすることが出来ます。

 

間違った頭皮ケアで地肌を痛めてしまわない為にも

正しい頭皮ケアを知り早期に見直しましょう。

 

 

 

赤ちゃんにも使えるオーガニックシャンプーの選び方とは

赤ちゃんの肌は、大人よりもずっと繊細で

傷つきやすいものです。

 

正しいシャンプー選びをして、細心の注意を払い

ながらシャンプーしてあげないといけません。

 

そんな時に役立つ情報をご紹介します。

 

 

 

目次

 

赤ちゃんの地肌はどういう状態になっているの?

 

新生児で特にみられるのが、乳児脂漏性湿疹に

かかっている状態です。

 

母親の体内で吸収した皮脂や汚れ、カサブタなどが

頭にこびりついているようなイメージです。

 

いわゆるかなり敏感肌の人が頭皮に傷がある状態と

同じで、無理にこのカサブタをはがしてしまうと

余計に頭皮環境が悪化します。

 

市販のシャンプーではなく、オーガニックシャンプー

を上手に使って洗ってあげることで徐所にこの状態は

改善していきます。

 

このように、赤ちゃんの肌は非常に繊細で刺激や

ダメージを一番受けやすい状態にあります。

 

出来るだけ低刺激なシャンプーを使ってあげましょう。

 

赤ちゃんの頭皮に与えてはいけない成分とは?

 

赤ちゃんの頭皮に与えてはいけない成分は、

洗浄力の強いものや合成香料、人工的に

つくられた防腐剤などです。

 

これらは、何でも成分を吸収しやすい赤ちゃんの

頭皮環境を悪化させてしまいます。

 

成人でも荒れやすい市販のシャンプーを、

生後間もない赤ちゃんに使ってしまうと、

頭皮が真っ赤にかぶれてしまうことがあります。

 

他にも、湿疹が出てしまったりかゆみやフケ、

悪臭のもとにもなります。

 

赤ちゃんの頭皮にとって良くない成分を、

前もってきちんと把握するよう意識しましょう。

 

オーガニックシャンプーであれば、上記の成分を

含まず、肌に低刺激で天然由来の香りが付いています。

 

成分を吸収しやすい赤ちゃんですから、頭皮環境を

良くする成分をふんだんに配合しているシャンプー

が良いですよね。

 

赤ちゃんに適したオーガニックシャンプーの選び方

 

オーガニックシャンプーの中には、

ベビー用オーガニックシャンプーという表記を

している製品があります。

 

人気のあるベビー用オーガニックシャンプーは、

配合されている成分全てがオーガニック認定基準を

満たしているものです。

 

また、食用としても使えるような野菜や植物、

果実が入っていることで知られています。

 

赤ちゃんの皮膚にはバリア機能がまだまだ少ない

状態です。

 

このように、口に入れても問題がない成分のみを

配合しているようなオーガニックシャンプーを

選ぶのがポイントです。

 

目を離した時に、赤ちゃんがシャンプーを飲みこんで

しまっても肌トラブルの諸症状を起こさないというの

は大きなメリットですよね。

 

それに加えて、オーガニックシャンプーは頭皮環境を

本来の健康な状態に戻そうとする働きがあります。

 

使い続ける程に、赤ちゃんの頭皮環境が改善されて

いくというのも魅力の一つといえるでしょう。

 

f:id:ren-ai-partner:20170423113125j:plain

ほとんどのアイテムが新生児から使える

エルバビーバ(erbaviva)

 

 >> 公式サイトへ >>

  >> 楽天で最安値情報を見る >>

 

 

背中ニキビ対策にオーガニックシャンプーが効果的な理由

f:id:ren-ai-partner:20170421121512j:plain

 

シャンプーと聞くと、頭皮や髪の毛に効果を

発揮するものと断定されがちですが、実は

そうではありません。

 

背中ニキビ対策に効くといわれる

オーガニックシャンプーは、皮膚にとっても良い

成分を沢山含んでいるのです。

 

有効成分を取り入れて、厄介な背中ニキビを

撃退しましょう。

 

 

目次

 

背中ニキビの原因

 

頭皮と同じく、背中ニキビの原因は肌の乾燥や

不規則な生活リズムが挙げられます。

 

また、無意識のうちにやってしまいがちな

要因としては、シャンプーのすすぎ残しが非常に

多くみられます。

 

市販のシャンプーには、石油系の洗浄成分や

コーティング剤など肌に負担をかけてしまう成分が

含まれています。

 

充分なすすぎがされなかった場合、それらの成分が

背中に付いたまま、どんどん沈着していってしまう

のです。

 

そうすると、背中にある毛穴にすすぎ残したシャンプー

が詰まってしまうので、肌トラブルを引き起こして

ニキビへと変わってしまうわけです。

背中ニキビを増やしてしまう成分

 

市販のシャンプーに含まれるシリコン系の成分や

強力な洗浄成分は、背中ニキビを増やしてしまう

成分といえます。

 

シリコン系の成分で注意が必要なのは、ジメチコンや

シリカなどです。

 

すすぎ残しをしているにも関わらず、十分に

洗い流されていない背中をコーティングしてしまいます。

 

 

その為、コーティングされた肌の毛穴には汚れが付いた

ままの状態なので、かゆみを引き起こしてニキビへと

変わります。

 

頭皮のみならず、体を洗う際にも刺激が強すぎる

成分としては、ラウレスや硫酸が挙げられます。

 

これらの洗浄成分は非常に強力な為、必要な皮脂までも

洗い流してしまいます。

 

当然ながら、必要な皮脂を失った背中は乾燥し、

肌荒れを起こします。

 

また、乾燥した箇所から雑菌が出てしまい、白っぽい

ブツブツの背中ニキビが出来てしまいます。

 

オーガニックシャンプーが背中ニキビに効く理由

 

オーガニックシャンプーは、シリコン系の成分や

強力過ぎる洗浄成分を含みません。

 

あくまで自然界から摂れる植物エキスなどの

無添加の成分でつくられていますので、頭皮には勿論、

体に付着しても害のない成分なのです。

 

特に、すすぎ残しが目立つ髪の長い人には

おすすめです。

 

出来るだけすすぎ残しがないよう、シャンプーの仕方を

工夫することが大切ですが、どちらにしても肌への

負担は少ない方が良いですよね。

 

オーガニックシャンプーの無添加成分は、肌本来の

状態を良くすることを目的としてつくられています。

 

低刺激な無添加成分を使うことによって、頭皮だけ

ではなく背中ニキビ対策にも効果があるといえます。

 

背中ニキビのケアならパルクレールジェルがおすすめ

 

 

 

オーガニックシャンプーで抜け毛や薄毛対策・効果はあるの?

f:id:ren-ai-partner:20170420142357j:plain

 

忙しい日々を送っている人々の中でも、人気を

維持し続けているオーガニックシャンプーですが、

実は薄毛対策にも非常に有効なのです。

 

今回は、その有効成分と使用法について解説して

いきます。

 

 

 

目次

 

薄毛の原因と頭皮に必要な成分とは?

 

薄毛の原因は、生活リズムの乱れからくる血行不良や

ストレスなどの精神的な要因からくる頭皮環境の

脆弱化まで様々です。

 

症状としては、

  • 頭皮の乾燥やかゆみ
  • フケの発生

などで、これが続くと次第に抜け毛が増えていって

しまいます。

 

このように、乱れた頭皮環境を改善する為には、

地肌に必要な栄養素を送り届ける必要があります。

 

私たちの頭皮環境は、主に保湿成分やタンパク質を

一番に欲します。

 

特に、頭皮が乾燥した状態にあるのであれば、

徹底的に保湿を強化する必要があります。

 

また、良質な髪の毛の成長を促す為にも、

タンパク質の摂取は欠かせません。

 

これらの成分を積極的に摂取するように

心がけましょう。

 

オーガニックシャンプーの有効成分とは?

 

先述のとおり、頭皮が乾燥している際には、こまめに

保湿することが大切です。

 

オーガニックシャンプーで保湿をすることが出来、

有効成分としてはアルガンオイルやホホバオイル

という成分があります。

 

いずれも植物由来の油分で、ダメージヘアの修復にも

非常に効果的です。

 

何より、必要な皮脂が不足している頭皮には、

かなりおすすめの有効成分となります。

 

また、頭皮環境を整えるための有効成分として、

アミノ酸系の洗浄成分があります。

 

肌に限りなく近い弱酸性の洗浄成分なので、

薄毛を気にする敏感肌の人でも気軽に使えます。

 

オーガニックシャンプーを使う際の注意点

 

オーガニックシャンプーには、天然の有効成分が

詰まっています。

 

それらの有効成分を正しく頭皮に吸収させる為に、

まずブラッシングをすることをおすすめします。

 

f:id:ren-ai-partner:20170420141248j:plain

 

髪を一通りとかしてからぬるま湯で濡らしていき、

シャンプーをするという順番です。

 

事前にブラッシングをしておくことで、髪の毛に

付いている誇りやごみを落としておくことが

出来るのです。

 

こうすることによって、髪の毛が濡れた状態での

ブラッシングによるダメージや負担を減らす事が

出来ます。

 

そして、オーガニックシャンプーの有効成分が

頭皮に浸透しやすくなるので、より早く頭皮環境の

改善が可能となるわけなのです。

 

シャンプー後のすすぎも、お湯の温度を

38度くらいに保ち、シャンプーが残らないように

丁寧に洗い流しましょう。

 

このように、せっかくのオーガニックシャンプーの

有効成分を台無しにしてしまわない為にも、

シャンプーの方法に注意することが大切なのです。

 

 

経皮毒が気になる場合はオーガニックシャンプーで対策しよう

f:id:ren-ai-partner:20170418175717j:plain

 

日常的に使用している様々な製品には、有害な成分が

含まれていることが少なくありません。

 

そういった危険性を排除する為に、

オーガニックシャンプーを使ってみるのも良い手段

なのかもしれません。

 

今回は、有害な成分の一つである経皮毒に焦点を

あてて学んでいきましょう。

 

 

 

目次

 

経皮毒とは?

 

経皮毒とは、私たちが使っている市販のシャンプー

などに含まれる化学成分を皮膚から吸収することに

よって発生する毒素です。

 

口から摂取してしまった有害な化学成分は、排泄物と

一緒に外へ出すことが出来るのに対して、経皮から

吸収してしまったものはなかなか排出出来ません。

 

そうすると、いつまでも脂肪と一緒に体内へとどまって

しまうので、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を

引き起こすこともあります。

 

また、女性の場合は子宮に毒素が蓄積されやすいので、

子宮がんなど婦人科系の病気にかかってしまうことも

あるのですよ。

 

シャンプーに含まれる経皮毒の種類

 

市販のシャンプーのほとんどに配合されている

界面活性剤や香料の中に、経皮毒につながってしまう

成分があります。

 

特にご使用の際に注意が必要なのは、ラウリル硫酸系の

洗浄成分が含まれているシャンプーです。

 

一見、洗浄力が高いといわれているこのラウリル硫酸系

の成分ですが、その反面で皮膚の間を突き抜けて経皮毒

へと変わることが多いのです。

 

合成香料も同様に経皮毒へと発展する可能性が非常に

高いので、お肌に異常がある場合などは特に使用を

控えた方が賢明といえるでしょう。

 

このように、経皮毒は無意識に使っている市販の

シャンプーの大半に使われている成分中に存在して

います。

 

今一度、自分自身のシャンプー選びを確認してみるのも

良いかもしれないですね。

オーガニックシャンプーで経皮毒の予防をする

 

経皮毒は、界面活性剤や合成香料などの人工的に

つくられた成分中に多く存在しています。

 

そこで、経皮毒に対する懸念部分が強い人は、

無添加のオーガニックシャンプーを使用するのが

最良の手段といえます。

 

オーガニックシャンプーは、一切の有害な化学成分を

含まず、天然由来の成分のみを配合してつくられて

います。

 

つまり、自然界に存在する天然の香料や植物エキスを

上手に使ってつくられているので、私たちの肌に一番

低刺激で合いやすいのです。

 

無添加だからこそ、敏感肌の人でも気軽に試してみる

ことが出来るのです。

 

市販のシャンプーを使うことによる経皮毒が気になる

のであれば、オーガニックシャンプーを一度使って

みましょう。

 

大切な頭皮と髪の毛を毒素から守ることが出来ます。

 

 

早めに使わなければいけないの?オーガニックシャンプーの使用期限

f:id:ren-ai-partner:20170418103538j:plain

 

オーガニックシャンプーは、他のシャンプーと比べて

早めに使った方が効果を得られます。

 

その理由には、入っている成分が大きく関係している

のです。

 

オーガニックシャンプーがどうやってつくられ、

どのように使用していくのが理想的なのかを学んで

いきましょう。

 

 

 

目次

 

オーガニックシャンプーと市販のシャンプーの使用期限の違い

オーガニックシャンプーは、市販のシャンプーとは

違い、添加物が含まれていません。

 

市販のシャンプーであれば、人工的につくられた

香料や合成添加物、防腐剤などを配合しています。

 

それらを一切使わずに、無添加の自然から

抽出出来る成分の使用にこだわっているのが

オーガニックシャンプーなのです。

 

その為、天然由来の成分は酸化したり腐ったり

しやすく、人工的に加工された市販のシャンプーよりも

使用期限が短いのが特徴です。

 

ただし、その分、オーガニックシャンプーは頭皮に

ダメージを与える高級アルコール系の洗浄成分や

その他の保存料が含まれていません。

 

よって、間違いなく正常な頭皮環境の維持には最適と

いえます。

 

使用期限に注意しつつ、上手にオーガニックシャンプー

を使用することをおすすめします。

 

オーガニックシャンプーの理想の使用ペースとは

オーガニックシャンプーの平均的な使用期限は、

1年から1年半を目安に使い切るのが理想です。

 

市販のシャンプーの場合、3年以上の使用期限を

設けています。

 

未開封の場合は問題なく使えるとのことですが、

それはあくまで保存料や防腐剤が使われているからに

過ぎません。

 

そういった人工的な化学成分を含まない

オーガニックシャンプーは、使用期限をきちんと

守らないと頭皮環境が悪化することがあります。

 

このように、オーガニックシャンプーの有効成分を

活かすには、購入後、1年くらいまでには使い切る

ようにするのが良いでしょう。

 

使用期限の切れたシャンプーはなぜ危険?

先述のとおり、市販のシャンプーや

オーガニックシャンプーには使用期限というものが

あります。

 

使用期限を過ぎたものは、未開封時のものと比べて

雑菌やカビが繁殖しやすくなっています。

 

その為、シャンプーボトルに手を付けた際などに

付着した雑菌が、シャンプーと混ざって頭皮環境を

不衛生な状態にしてしまうことがあるのです。

 

もちろん防腐剤が含まれている市販のシャンプーで

あれば使用期限を過ぎても使えることもあります。

 

しかし、常に健康な頭皮環境と髪の毛を守って

いきたいのであれば、使用期限の目安や表記に

従うのが最善といえます。

 

 

頭皮のかゆみ対策にオーガニックシャンプーが良いの?

f:id:ren-ai-partner:20170418095230j:plain

 

市販のシャンプーを使っていると感じることのある

頭皮のかゆみは、最も多い頭皮トラブルの症状の

一つです。

 

そのかゆみを引き起こす原因と対策を知らない為に、

頭皮環境は悪化してしまう一方なのです。

 

そんな頭皮のかゆみ対策について知っていきましょう。

 

 

 

目次

頭皮のかゆみの原因

頭皮のかゆみの原因は、石油系や高級アルコール系の

洗浄成分にあります。

 

これらは、頭皮にかなり高刺激でダメージを与えやすい

洗浄成分といえます。

 

洗浄力が高い為、洗い上がりは確かにスッキリと

しますが、同時に、必要な皮脂までをも洗い流して

しまうのです。

 

それによって、乾燥した頭皮からフケやかゆみが

出てしまい、かき毟ることで更なる頭皮トラブルを

招いてしまうのです。

 

このように、頭皮のかゆみを引き起こす原因は、

高刺激の洗浄成分による頭皮の乾燥といえるでしょう。

 

頭皮トラブルを防ぐ有効成分とは

頭皮トラブルは、地肌が刺激を受け過ぎた為に乾燥して

かゆみやフケといった症状が出ます。

 

これらを防ぐ為には、低刺激なオーガニックシャンプー

に含まれるヒアルロン酸が有効な成分です。

 

ヒアルロン酸は、地肌を乾燥から守り、頭皮を潤った

状態にしてくれます。

 

しっかりと保湿された頭皮は、乾燥だけではなく

抜け毛の症状の予防にもつながります。

 

頭皮トラブルを防ぐには、ヒアルロン酸の成分が

有効となりますので、意識して保湿された頭皮環境を

目指しましょう。

 

オーガニックシャンプーの選び方

オーガニックシャンプーは、頭皮と髪の毛を本来の

状態からより良質な状態へと近づけていくのが目的

です。

 

その為、髪の毛のダメージが多い場合に、

洗い上がりに髪の毛が絡まってしまったり

ゴワつきが気になってしまうことがあります。

 

そこで、オーガニックシャンプーの中でも美容液成分を

含んだものを選ぶことで、髪の毛に油分が浸透しやすく

なります。

 

油分が十分に足りている髪の毛は、洗い上がりの

指通りもよくドライヤーで乾かす際にも絡まって

しまう懸念部分が減ります。

 

また、オーガニックシャンプーに配合されている

成分は、配合量が多い順番に表記がされています。

 

一見すると、様々な成分を含んでいる

オーガニックシャンプーの方が効果も高いと

考えられがちです。

 

しかし、実は配合成分が少ないほど自然の成分のみを

配合している場合が多いのです。

 

オーガニックシャンプーにも品質保持の為に

含まれている防腐剤まで気を遣って植物由来成分を

使用しているシャンプーを選びましょう。

 

このように、オーガニックシャンプーの中でも、

細部までオーガニック成分にこだわっているものと

そうでないものがあります。

 

正しいシャンプー選びをして、良質な頭皮環境と

髪の毛の育成に励みましょう。