オーガニックシャンプーで頭皮ケアをして美髪を目指そう

オーガニックシャンプーが注目を集めています。頭皮トラブルを解消したり、髪の毛を健やかに保つ為のヘアケアができることが人気の理由です。オーガニックシャンプーを使って、頭皮環境を根本から改善していきましょう。また、正しい頭皮ケアの情報もご紹介しています。

早めに使わなければいけないの?オーガニックシャンプーの使用期限

f:id:ren-ai-partner:20170418103538j:plain

 

オーガニックシャンプーは、他のシャンプーと比べて

早めに使った方が効果を得られます。

 

その理由には、入っている成分が大きく関係している

のです。

 

オーガニックシャンプーがどうやってつくられ、

どのように使用していくのが理想的なのかを学んで

いきましょう。

 

 

 

目次

 

オーガニックシャンプーと市販のシャンプーの使用期限の違い

オーガニックシャンプーは、市販のシャンプーとは

違い、添加物が含まれていません。

 

市販のシャンプーであれば、人工的につくられた

香料や合成添加物、防腐剤などを配合しています。

 

それらを一切使わずに、無添加の自然から

抽出出来る成分の使用にこだわっているのが

オーガニックシャンプーなのです。

 

その為、天然由来の成分は酸化したり腐ったり

しやすく、人工的に加工された市販のシャンプーよりも

使用期限が短いのが特徴です。

 

ただし、その分、オーガニックシャンプーは頭皮に

ダメージを与える高級アルコール系の洗浄成分や

その他の保存料が含まれていません。

 

よって、間違いなく正常な頭皮環境の維持には最適と

いえます。

 

使用期限に注意しつつ、上手にオーガニックシャンプー

を使用することをおすすめします。

 

オーガニックシャンプーの理想の使用ペースとは

オーガニックシャンプーの平均的な使用期限は、

1年から1年半を目安に使い切るのが理想です。

 

市販のシャンプーの場合、3年以上の使用期限を

設けています。

 

未開封の場合は問題なく使えるとのことですが、

それはあくまで保存料や防腐剤が使われているからに

過ぎません。

 

そういった人工的な化学成分を含まない

オーガニックシャンプーは、使用期限をきちんと

守らないと頭皮環境が悪化することがあります。

 

このように、オーガニックシャンプーの有効成分を

活かすには、購入後、1年くらいまでには使い切る

ようにするのが良いでしょう。

 

使用期限の切れたシャンプーはなぜ危険?

先述のとおり、市販のシャンプーや

オーガニックシャンプーには使用期限というものが

あります。

 

使用期限を過ぎたものは、未開封時のものと比べて

雑菌やカビが繁殖しやすくなっています。

 

その為、シャンプーボトルに手を付けた際などに

付着した雑菌が、シャンプーと混ざって頭皮環境を

不衛生な状態にしてしまうことがあるのです。

 

もちろん防腐剤が含まれている市販のシャンプーで

あれば使用期限を過ぎても使えることもあります。

 

しかし、常に健康な頭皮環境と髪の毛を守って

いきたいのであれば、使用期限の目安や表記に

従うのが最善といえます。