オーガニックシャンプーで頭皮ケアをして美髪を目指そう

オーガニックシャンプーが注目を集めています。頭皮トラブルを解消したり、髪の毛を健やかに保つ為のヘアケアができることが人気の理由です。オーガニックシャンプーを使って、頭皮環境を根本から改善していきましょう。また、正しい頭皮ケアの情報もご紹介しています。

経皮毒が気になる場合はオーガニックシャンプーで対策しよう

f:id:ren-ai-partner:20170418175717j:plain

 

日常的に使用している様々な製品には、有害な成分が

含まれていることが少なくありません。

 

そういった危険性を排除する為に、

オーガニックシャンプーを使ってみるのも良い手段

なのかもしれません。

 

今回は、有害な成分の一つである経皮毒に焦点を

あてて学んでいきましょう。

 

 

 

目次

 

経皮毒とは?

 

経皮毒とは、私たちが使っている市販のシャンプー

などに含まれる化学成分を皮膚から吸収することに

よって発生する毒素です。

 

口から摂取してしまった有害な化学成分は、排泄物と

一緒に外へ出すことが出来るのに対して、経皮から

吸収してしまったものはなかなか排出出来ません。

 

そうすると、いつまでも脂肪と一緒に体内へとどまって

しまうので、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を

引き起こすこともあります。

 

また、女性の場合は子宮に毒素が蓄積されやすいので、

子宮がんなど婦人科系の病気にかかってしまうことも

あるのですよ。

 

シャンプーに含まれる経皮毒の種類

 

市販のシャンプーのほとんどに配合されている

界面活性剤や香料の中に、経皮毒につながってしまう

成分があります。

 

特にご使用の際に注意が必要なのは、ラウリル硫酸系の

洗浄成分が含まれているシャンプーです。

 

一見、洗浄力が高いといわれているこのラウリル硫酸系

の成分ですが、その反面で皮膚の間を突き抜けて経皮毒

へと変わることが多いのです。

 

合成香料も同様に経皮毒へと発展する可能性が非常に

高いので、お肌に異常がある場合などは特に使用を

控えた方が賢明といえるでしょう。

 

このように、経皮毒は無意識に使っている市販の

シャンプーの大半に使われている成分中に存在して

います。

 

今一度、自分自身のシャンプー選びを確認してみるのも

良いかもしれないですね。

オーガニックシャンプーで経皮毒の予防をする

 

経皮毒は、界面活性剤や合成香料などの人工的に

つくられた成分中に多く存在しています。

 

そこで、経皮毒に対する懸念部分が強い人は、

無添加のオーガニックシャンプーを使用するのが

最良の手段といえます。

 

オーガニックシャンプーは、一切の有害な化学成分を

含まず、天然由来の成分のみを配合してつくられて

います。

 

つまり、自然界に存在する天然の香料や植物エキスを

上手に使ってつくられているので、私たちの肌に一番

低刺激で合いやすいのです。

 

無添加だからこそ、敏感肌の人でも気軽に試してみる

ことが出来るのです。

 

市販のシャンプーを使うことによる経皮毒が気になる

のであれば、オーガニックシャンプーを一度使って

みましょう。

 

大切な頭皮と髪の毛を毒素から守ることが出来ます。